完全素人・寸止め専門オナクラ 今日はココまで! ~ホントごめんね。まだ、心の準備が~

tel job
rogo
home line consept line girls line schedule line system line event line access
border
HOME > コンセプト

当店での遊び方

consept
01

当店は「寸止め」「おあずけ」という、いじらしく歯がゆい、だけどこの感覚の中にある快感を楽しんでいただくためのお店です。つきあい始めて間もない、口説いたはいいがソコから先にはなかなか発展しない関係…それはお互いにドギマギしながら、一歩づつ距離を詰めていく日々、「何とかなってしまいそうな関係であるはずなのに、それでもまだ何とかならない関係」…そんな関係でしか得られないドキドキとは、どのようにして如何にして再現できるでのしょうか?

line
02

一緒に歩く際には手をつなぐべき?そして、それはどちらから?その前に、デートの誘い方も初めてのキスすらまだ…青くさくぎこちない、ただただ雑誌に書いていたことや友人や先輩の経験談や助言など、何もかもが見よう見まね。
さらに男性慣れしていない彼女自体も、どうしてもそこから先へ進めない、そしてそんな勇気がない…急に迫ったところで
彼女が言う、「今日は…ごめんね。また今度…」
あるいは、ようやく念願かなって、なんとか意中の女性と「お試し」的にでもお付き合いを始めることができた…しかし、ここで強引に迫りすぎると相手が引いてしまう?しかもいきなり肉体目当てだなんて思われると今までの努力が全て水泡に帰す…
待て、オレ!「今日は我慢だ…」

line
03

今オトナになった皆様、このドキドキ感、その美しさ、この感動を味わえる場所はあるでしょうか?まして、なんでも簡単に思い通りになってしまう「ただの風俗」で、それは得られるようなものでしょうか?
ホテルにすら堂々と入り、恥じらいもなく服を脱ぎ、さっさとテキパキとプレイして、タイマーが鳴ったら終わり、部屋をでてバイバイ…そうじゃないのです。
※ちなみに、誰でも簡単に何とかなってしまうお店は他にもたくさんあります。ヘルス店や、もっと先をお望みでしたらソープランド等へ行かれることをお勧めします。
付き合いの長いカップルなら、そんな緊張感もないでしょう。同じく、男性に慣れている…男性とホテルに入ることすら慣れきっているベテランの風俗嬢であれば、何の抵抗もなく出来てしまう行動、そこに「初めての感動やドキドキ」はあるでしょうか?感じられるでしょうか?

line
04

あくまで素人の女の子たちです。そんな高等なエッチなテクニックなんてありません。「男性と二人っきり、しかもホテルの一室で…」そんな環境にすら慣れていません。もちろん親バレや知り合いバレを考えれば、雑誌やネットなどのメディアにお顔出しなんてできません。あくまでナイショのアルバイトとして「そこまで過激なことは出来ませんがコレくらいなら」という範疇で、出来ることは頑張る…そんな健気さ。
彼女たちそれぞれに「出来ること」には限りがありますが、彼女たちにしか演出できない「恥じらい」は唯一のもの。

line
05

是非とも見せつけてあげてください、そんなモノを見慣れていない素人の女の子に。
そして、男の子はみんな、こんな事をして、こんなふうになって、こんなふうに気持ちよくなっているんだって事を教えてあげてください。どんな男前も、どんな金持ちも、どんなヤリチンでも、このオナニーだけで得られる「自分で意のままに得られる快感」を、忘れることは出来ないんだってことを。そして、楽しんでください。それを見た女の子の反応を。

line
06

ほぼ全ての男性が見たことのあるAV。でも、いきなりセックスのシーンから始まるものなんてありません。その前にはフェラや愛撫のシーン、そして必ずといっていいほど登場するのが女性のオナニーシーン。なぜそれはあるのでしょう、またその意義とは?もちろんそれは「ただイヤラしい。ただ女性の欲求不満イメージ」を表現するだけではないのです。オナニーは多くの大衆に、その姿を見られることによって本人の性的興奮も高まり、そして逆に見ている、いや見せつけられている側にも、同じく興奮を誘発させるもの。そしてこの「別に見たいわけじゃないけど、そこまで見せたいのなら見てあげてもいいけど…」という、恥じらいの中にある好奇心…AVが男性目線で作られているのにも関わらず、女性の視聴者がいたり、女性が見たときに無性にムラムラしてしまう、少なからずとも興味を持ってしまう…その理由ではないでしょうか?
「別に、見てあげるくらいならいいけど…でもっ、そんなにチンチンって大きくなるんだ…あっ、別に興味なんかないんだからね!」という、ある種のツンデレ感=性的好奇心ですら、女の子の心理に遠慮しつつも煽るものではないでしょうか。

line
07

選べる、思い通りになる。それはそれで確かに良いでしょう。でも、当店のこだわる「寸止め」の世界においては、そんな「誰でも、思うままに」といった世界では成立しないスリル、現実味を帯びたギリギリ感、そして…「多くの男性の中からあなたが選ばれたという感動、少しだけ許されてゆく喜び」は存在し得ないのです。
少しずつ女の子と仲良くなって、少しずつ心を許してもらいながら、“女の子の出来ること”を増やしてゆく。地道かもしれませんが、これが当店でしか味わえない「心を通わせてゆく」風俗遊び。いつでも好きなときにパッパと遊べて、やることやっちゃってハイおしまい…そんな、世の中にたくさんある風俗と大きく違うポイントなのです。

line